その先は永代橋 草森紳一をめぐるあれこれ

「もの書き」草森紳一の蔵書約3万冊は、2009年11月故郷の帯広大谷短期大学に寄贈されました。 このブログでは、以後の草森紳一関連ニュースをお伝えしていきます。写真 草森紳一

「もの書き」草森紳一の蔵書約3万冊は、2009年11月故郷の帯広大谷短期大学に寄贈されました。このブログでは、以後の草森紳一関連ニュースをお伝えしていきます。 写真 草森紳一

草森紳一の写真発見。音更の「草森通信19号」も到着しました!

早いもので松の内もとっくに過ぎてしまいました。

良いお正月をお迎えになられましたでしょうか。

 

日本全国にもオミクロンと大雪の襲来。

先を見通すのが難しい時代ですが、なんとか乗り切ってまいりましょう。

皆さまお元気で、今年こそ穏やかな良い年でありますように。

 

暮れの写真整理中に、大倉舜二氏撮影の写真が出てきました。何年頃でしょうか・・・

寅年の始まりに、草森虎の登場です。

f:id:s-kusamori:20220114162927j:plain

 

「草森通信」19号もご紹介。音更の深とした蔵書整理の空気が、こちらに流れ込んできます。私たちも覗きにいくことができればいいのですが!

f:id:s-kusamori:20220114161050j:plain

f:id:s-kusamori:20220114161138j:plain

 

ご担当の帯広大谷短大の加藤様、吉田教授、ボランティアの木幡様、高山様他、執筆者の皆さま、ありがとうございます!!

 

草森紳一は、音更にいた! 『文芸おとふけ』に50ページの特集です。

2021年の大晦日です。

皆さん、どのようにお過ごしでしょうか。

ワヤワヤとあわただしく、ご紹介が遅くなりました。

北海道の音更町文化協会が発行する『文芸おとふけ』53号(11月刊)で、

昨年に続き、草森紳一特集が組まれました。今回は50頁もあり執筆陣も多才で、物書きとして、人として誰も知らなかった草森を知ることができる特集です!

f:id:s-kusamori:20211231211011j:plain

*巻頭グラビアの見開き左頁は、帯広大谷短期大学4階の「草森紳一記念資料室」。書棚の本は、テーマに合わせて定期的に入れ替えられています。右頁は、寄贈蔵書約3万冊を保管する旧東中音更小学校です。

 

『文芸おとふけ』を読まれた元草森さんの編集者から、

「これはもう回想集『草森紳一は、いた。』の続編ですね。あるいは、『草森紳一は、いる。』か『草森紳一は、音更にいた。』です。(東京の)蔵書プロジェクトが十年以上の時を経て、さらに増殖している感じです」と、うれしいメールが届きました。

f:id:s-kusamori:20211231212740j:plain

特集担当の内田美佐子さんはじめ編集委員の皆様方、ありがとうございます。

昨年の編集時もコロナ禍のため会議もできず大変だったとお聞きしましたが、引き続いての第2弾、さぞ御苦労なさったことと思います。

特集の他は、音更の方々の随筆や短歌、貴重な郷土史や戦争体験の話なども掲載され、興味がつきません。全目次をご紹介します。

f:id:s-kusamori:20211231210706j:plain

f:id:s-kusamori:20211231210807j:plain

f:id:s-kusamori:20211231210833j:plain

 

来年は、ナント寅年。

回想集『草森紳一は、いた。』は、寅年の2010年12月刊でしたから、

ちょうどひと巡りになります。 

少しでも明るく楽しい年になりますように!

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

~~~~~~~

◎『文芸おとふけ』53号をご希望の方は、

info@harumi-inc.com  (草森紳一蔵書整理プロジェクト)まで

お問い合わせ下さい。送料込み700円でお分けしています。

売り切れの場合はご容赦ください。

 

立木義浩氏の写真集『舌出し天使』。草森紳一初の写真論も。

3年前の2018年11月19日にfacebookに投稿した記事が「過去の思い出」として現れたので、ブログに転載します。

写真家・立木義浩氏が発表した「舌出し天使」(1965年・カメラ毎日)に草森紳一が解説を書いて以後、森山大道の「にっぽん劇場写真帖」に”青蠅のような情動”(1968年・カメラ毎日)、篠山紀信には”奇正の軍師”(1968年・季刊写真映像)と、新しく出現する写真家たちを次々に論評していくことになりました。

_______________________________

(FBの投稿より)

写真家の立木義浩氏の鮮烈デビュー作「舌出し天使」の出版を記念する写真展に行ってきました。

「舌出し天使」は、『カメラ毎日』1965年4月号の巻頭56ページ分を使って発表され、センセーショナルな話題を呼んだ作品。解説が草森紳一ですが、写真を見るのは初めて。

少女の突飛な行動の日々を追跡したドキュメントのような、ドラマのような作品ですが、全く古さを感じさせず、オシャレで今もフレッシュそのもの。

まるでナジャのよう、と思って見ました。会場に、踊りながら飛び跳ねている制服姿の女子高生がいてビックリ。写真に感染したのでしょうか?!

それにしても50年余り、出版されなかったのはなぜなのか。

今回、リブロアルテから出た本は、チャーミングなピンクの表紙。神経が行き届いたすばらしい出来栄えです。

レセプションに伺えなかったので、ピンクの花をお送りしました。

f:id:s-kusamori:20211124214135j:plain
f:id:s-kusamori:20211124214154j:plain

 

f:id:s-kusamori:20211124214215j:plain
f:id:s-kusamori:20211124214649j:plain

 

f:id:s-kusamori:20211124214712j:plain
f:id:s-kusamori:20211124214729j:plain

 

f:id:s-kusamori:20211124214742j:plain
f:id:s-kusamori:20211124214802j:plain

 

f:id:s-kusamori:20211210173858j:plain

        2018年版『舌出し天使』(リブロアルテ刊)草森紳一の解説ページ 

立木義浩写真集『舌出し天使』リブロアルテ・2018年刊 ¥6,050

  1965年に「カメラ毎日」に掲載された62点と、未収録のカット24点で構成

  (装丁デザイン・加藤勝也)。写真展は、東京都渋谷区神宮前BOOKMARCで2018  

  年11月17日-11月25日(日)に開催された。

______________________________________

下の解説ページは、1965年の「カメラ毎日」より。

当時注目を集めていた辣腕編集長・山岸章二氏が、この斬新な写真掲載のために組んだチームは、構成が和田誠、詩が寺山修司、そして解説が草森紳一でした。

立木義浩草森紳一、ともに27歳。

立木氏はこの作品で、日本写真批評家協会新人賞を受賞。草森さんにとっても写真評論の世界に入る第一歩となった解説です。彼のスクラップブックよりご紹介。

f:id:s-kusamori:20211124214116j:plain

 

立木氏についての写真論はもう一作、2007年にカンヅメにされて書いた立木義浩写真集『ありふれた景色』の解説 ”在庫一掃の旅 足下にご用心。立木の写真の底には、びっくり仰天の地下宮殿がある”を、死去する前年に残しました。

北海道の「草森通信18号」出ました! マンガ展も音更図書館で開催!

草森蔵書ボランティアの人々の手になる通信の18号が届きました。

コロナ禍のなかでも作業は進行されているようです。集う事もできない日々、大変だったことでしょう。

通信は1枚のペーパーの表裏ですが、冒頭の加藤さんの文章他、今回も読み応えがあります。

高山さんの『見立て狂い』の紹介文に出てくる幼稚園の椅子ですが、任梟盧にある椅子は、確かに草森紳一が頂いたもの。しかし、誰から??

この原稿の初出は雑誌でした。当時、読者からハガキを頂いたと聞いた記憶があります。フト今、その読者が送って下さったのではないかと・・・う~~ん、記憶がはっきりしません・・・双葉幼稚園からか、読者からか・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:s-kusamori:20211109130441j:plain

f:id:s-kusamori:20211109130831j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コロナで中止になっていた音更(おとふけ)図書館での「草森蔵書1/230展」の

マンガ展も開催されることになりました! チラシに気合を感じます!

会場が3日間しか取れなかったようですが、良かったです。

今日の東京は大雨ですが、音更はどうでしょうか。お近くの方はぜひ!

f:id:s-kusamori:20211109130908j:plain

 

2021年の「草森紳一1/230蔵書展」は、マンガ! 蔵書目録のサイトについてもご説明!

ご報告です。

緊急事態宣言が解除された北海道で、「草森紳一1/230蔵書展」が開催されました。

f:id:s-kusamori:20211025220644j:plain

2018年からスタートした「草森紳一1/230蔵書展」。

今年はコロナ禍で中止になったのですが、北海道の緊急事態宣言が9月30日に解除され、翌10月1日には帯広市図書館が開館したため、2日には当初の予定通り蔵書展は開催されました。

準備には1日しかなかったのではないでしょうか。来場者には帯広柏葉高校の学生も多く、3日間の入場者は約300人とか。蔵書整理の皆さん、大変お疲れさまでした! 

中止になった音更町図書館でも年内に展示できればとのこと。実現できればうれしいですね。

 

◆「草森紳一 1/230蔵書展~漫画~」帯広大谷短大のサイト「草森紳一記念室」告知より)          故草森紳一氏が遺した約32,000冊の蔵書の中から、漫画をテーマに厳選した資料を展示します。また、創作ノートや生原稿なども併せて展示!貴重な資料をこの機会にぜひご覧ください♪

 <音更開催> ⇒音更会場では著書の販売も行います

   日時 2021年8月31日(火)~9月5日(日)

   場所 音更町図書館 展示ホール

           【音更開催は緊急事態宣言の発出に伴い、中止となりました】

 <帯広開催>

   日時 2021年10月2日(土)11時~18時/ 3日(日)10時~18時/

            5日(火)10時~19時

           場所 帯広市図書館 1階多目的視聴覚室

◆草森蔵書の、漫画と漫画論についての蔵書目録

漫画の蔵書目録は、帯広大谷短大のサイト中、<草森紳一記念資料室>内のジャンル別目録リストから見ることができます。

 帯広大谷短期大学https://www.oojc.ac.jp  から大学のサイトを開く。

左端の項目から「草森紳一記念資料室」を選択。

草森紳一蔵書目録」のバナーをクリック。

簡易検索のための空欄が出てくる。

その下に開館日など、お知らせの情報が出てくる。

下方に、<ジャンル別目録リスト>

A) 漫画・マンガ論  (下記のアドレス検索でも可能です。 c5890a58be6e95430447115feefcb82f.pdf )

B) 日本文学

C) 芸術

D)文学

E) 哲学

(以後、入力が進行中です)

 

◆「草森紳一 1/230蔵書展」について

帯広大谷短大に寄贈された草森蔵書(約3万2000冊)の一部を展示する展覧会。

展示されるのは、全冊の230分の1程度(約150冊)ということで、「1/230蔵書展」と名付けられている。

会場は、音更町図書館と帯広市図書館の2箇所。吉田真弓教授を中心に企画され、<草森蔵書プロジェクト十勝>のボランティアの皆さんが運営協力されています。

 

◆これまでの「1/230蔵書展」について

●2020年11月 テーマ:歴史  

https://s-kusamori.hatenadiary.org/entry/2020/10/17/163145

●2019年8月、9月 テーマ:大型本(浮世絵や大型本の展示。あいにく忙殺のときだったため、ブログアップはできませんでした)

f:id:s-kusamori:20211025223619j:plain

●2018年8月、10月 テーマ:写真 (第一回です。NHK帯広の取材が入りました)

https://s-kusamori.hatenadiary.org/entry/20181031/1540974283

 

いつも情報を送って下さるボランティアの高山さん、大学の記念室担当の加藤さん、ありがとうございました。

 

 

草森紳一書き出し劇場19 『円の冒険』

あと一週間で2020東京五輪が始まる。

今日の東京の新規コロナ感染者数は1410人。昨日は1271人だった。

一都三県を中心に、全国でもじわじわと感染者数が増えつつある。

このような状況下で開催だとは、全く信じられない。

 オリンピック招致に「復興五輪」が掲げられたときから、なにやら胡散臭さを感じて反対だった。むしろ五輪の予算を東北の復興に使うべきだと思っていた。

 

振り返れば1964年の東京五輪は、戦後の焼け野原からたった20年後の見事な復興の証だった。日本での開催を訴えて世界の都市を行脚し、頭脳と体力とハートの死にものぐるいで招致を実現させ、開催を成功させた当時の人々は、どれほど誇らしかっただろうか。やればできる。しかも世界が集う平和の祭典だ。まだまだ貧しかった日本、無謀な戦争に負けて、卑屈になっていた国民の、自らの尊厳を復活させるような出来事だったのではないだろうか。

 

今回の2020東京五輪は、全く真逆。組織委員会理事による賄賂と、安倍元首相の「アンダーコントロール」の嘘に始まり、競技場設計、シンボルデザイン盗用、コンパクト五輪の破綻、五輪の運営に重ねてコロナ対策の迷走・無策が重なる。

小さくて非衛生なアベノマスクに260億円(元の予算は466億円!)。GO TO TRAVELでコロナを全国拡大。医療が疲弊しても他人事の、涼やかな政府答弁。広告代理店やJOCIOCの想像を絶する利権体質等、呆れ果て笑えるほどの種々の問題に加えて、JOC経理関係の自殺者まで出た(私は自殺と思う)。

あまりにも汚れてしまって無惨な五輪だ。現場のスタッフとアスリートたちがただただ気の毒だ。コロナ禍という底の時代に、理念なき醜悪な五輪の現実が露わになっただけなのだろう。 

 この時期、SNSやテレビで何度も映し出される繋がれた五つの輪は、ひたすら汚辱から逃れようと自由を求めているように思える。・・・・・・

 

と考えていたら、輪と円とは?環の違いは?・・・など、五輪とは別のところに頭が飛んでいった。いいかげんな私ですねえ。

~~~~~~~~~~~~~~

そんなわけで、久しぶりの「書き出し劇場 19」は、『円の冒険』です。

文中に、五輪が触れられているわけではないのですけれどね。申し訳ありません!

『円の冒険』は、草森紳一の15冊目の著作です。(晶文社・1977年刊 装丁・平野甲賀) 

雑誌「en(あ、ここにもエン)-TAXI」(2005年春号)の<特集 草森紳一 雑文宇宙の発見者>中、<草森紳一氏への33の質問(作・坪内祐三)>に愛着のある自著の一冊として『円の冒険』を挙げていらっしゃいます。 

坪内祐三さんは昨年急逝。私のオフィスは三茶だったので、三茶住まいの坪内さんと、たまにすれ違うこともありました。今年『ツボちゃんの話 夫・坪内祐三』(新潮社)が出て、素顔はこんな方だったのかと面白くて読みふけりました。

「早すぎるんじゃないの」とあちらで草森さんに言われていらっしゃることでしょう)

f:id:s-kusamori:20210717224418j:plain

下は、最初の見開きページ。

f:id:s-kusamori:20210717224439j:plain

下は、刊行当時のインタビュー記事(週刊朝日、1977年号数不明)、若い!!草森さん。

f:id:s-kusamori:20210717235927j:plain


『円の冒険』目次もついでにご紹介。

(草森HP「白玉楼中の人」に全著作紹介と目次も掲載されています)

Ⅰ 肉眼蒙昧なり! 三蔵法師

  沖田総司・ライオン・李衛公・カスター将軍

  ジャネット・リンの微笑

  釜鬼の輪

  諸橋轍次大漢和辞典

  溶ける蒲団

  パチンコの舞い

  白地に赤く日の丸染めて

  月光から円光へ

Ⅱ「急がば、回れ」か 抽出し人間と倉庫人間

  中は命中の中 左でもほどほどでも右でもない思考

  意志薄弱のフル・ストップ 現代句読点論

  無限は角のない正方形 広告のマンダラ体質とその罠

  大団円論

Ⅲ 日常の円群 完全の乱費

  しぶとい穴 横井庄一ロビンソン・クルーソー

  踊っているアンズの実 空飛ぶ円盤の「かたち」

  幽霊の歩き方 見えない円と見える円

  自跋 とりつく島もない

 

◆回想集『草森紳一が、いた』に、連載当時の「デザイン」編集者の出村弘一氏が、

「万年床の君子「円の冒険」連載の頃」を書かれています。 

◆引越し時に、なんと、回想集の新本が入った段ボール箱が残っていたのを発見。

購入希望の方は、info@harumi-inc.comまで。(全528頁、送料込み3300円です)

「草森通信17号」が到着! 創刊号と草森関連の映像についてもご紹介

本日のブログでは、1. 最近発見した草森さんの写真、2.新着の「草森通信17号」と創刊号、3. 草森関連の映像 についてご紹介します。

1.任梟盧の草森紳一

任梟盧のこんな写真が出てきました。書庫の地下の草森紳一です。「太陽」(1981年11月号)のために撮った写真らしく、鈴木龍一郎氏撮影です。誌面では使われなかったのか、初めて見ます。書庫が完成したのは1977年7月頃ですから、この写真は4年後でしょうか。書庫の外側も地下室もきれいに整理されていますね。

f:id:s-kusamori:20210606151417j:plain

2.「草森通信17号」が届きました!

いつも楽しみにしている十勝からの「草森通信」です。

2016年5月31日創刊号から始まって、はや17号を迎えました。

コロナの感染が一向に収束しないなか、みなさん大変な日々と思いますが、変わらずお送りいただきました。

蔵書整理ボランティア代表の木幡さん、副代表の高山さん、また帯広大谷短大[草森紳一研究推進室]の加藤賢子さん、それに吉田真弓先生ありがとうございます!

今回の執筆者、内田さん、北村さん、平さん、レギュラー(化?)の愛敬浩一氏にも感謝です!!

______________________________________

f:id:s-kusamori:20210605202950j:plain

______________________________________

f:id:s-kusamori:20210605203053j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4年前の「草森通信」創刊号 

草森英二さんの「兄は恐怖の的だった」という原稿。書き続けていただきたかった。今頃は兄弟で皆さんの活動を見守ってくださっているでしょうか。

_____________________________________

f:id:s-kusamori:20210605201616j:plain

___________________________________

f:id:s-kusamori:20210605201659j:plain

 __________________________________

3.草森紳一の映像について

 「草森通信17号」の文末、吉田先生の原稿を読んで、お送りした録画が授業に使用されることがあるようで、うれしく思いました。

草森さんは、講演会や、ましてテレビ出演なんて苦手で避けていたと思うのですが、テーマでやむなく承諾、となったようです。ビデオをDVDにして手元にあるものは・・・

 ◆NHK 日曜美術館 1989年5月28日放送「土門拳記念館」草森紳一・三木淳

 ◆TBS筑紫哲也NEWS23 1992年日時不明 ゲスト出演で散歩について語る。

 ◆NHK ETV特集「書という芸術への旅」 1995年7月26、27日 草森紳一石川九楊

 ◆クリエイションギャラリー”タイムトンネルシリーズVOL.16”大倉舜二展 仕事展 仕事ファイル1961-2002」2002年11月6日 草森紳一×大倉舜二×立木義浩トークショー などがあります。                                      

没後の関連映像

草森紳一さんを偲ぶ会」2008年6月27日於 東京・九段会館(非公開の映像記録)

NHK帯広 朝のニュース「帰ってきた草森蔵書」2010年(東京の永代橋周辺を含むレポート)

NHK帯広では、その後数回にわたり、草森蔵書ボランティアの活動が報道されています。最初の取材に、東京の門前仲町まで飛んでこられたNHK帯広放送局江藤淳二記者。以後のていねいな報道にいつも思い出しては感謝です。

「任梟盧」you tube 映像  帯広在住のカメラマン加藤肇さんにご無理をお願いして撮影していただいたもの。外観と内観合わせて7本です。

http://www.youtube.com/user/kusamori

●7本の内容 :外観 1/7〜2/7 内観3/7〜7/7(全部の蔵書ではなく一部です)

●コメント(raita24)「カメラの動きが絶妙で、早くも遅くもない程よい横移動のせいもあり、夢心地の中で本の世界を彷徨っているかのような不思議な感覚に襲われました~~」など

ぜひご覧ください。 

f:id:s-kusamori:20210605204309j:plain

 

崩れた本の山の中から 白玉楼中の人